Deprecated: Function session_register() is deprecated in /home/internal-control/public_html/kako_toku.php on line 4

Deprecated: Function session_register() is deprecated in /home/internal-control/public_html/kako_toku.php on line 5

Deprecated: Function session_register() is deprecated in /home/internal-control/public_html/kako_toku.php on line 6
過去の特集 - [LANDMARK for J-SOX]
過去の特集
  2009年3月
やりすぎJ-SOXの終焉。そして2年目に向けて。

  2008年9月

職務分掌に関する代替統制

  2008年8月

「慣れ」と「思い込み」がこわいAfter 1ST J-SOX

  2008年6月

決算・財務報告プロセスがやはり最大の難関?

  2008年1月

「情報と伝達」の再確認

  2007年12月

今一度、虚偽記載リスクに関する根本的な考え方を整理してみましょう。

  2007年11月

評価対象とならなかった業務プロセスに関する落とし穴

  2007年10月

作業量を減らす(2)

  2007年9月

作業量を減らす(1)

  2007年8月

決算・財務報告プロセスは大丈夫ですか?

  2007年7月

アクセス管理(IT)について考える。

  2007年6月

原価計算プロセスをどう考えるか?

  2007年5月

基本的な隠ぺい事例を通じて、資産流用と職務分掌との関係を再確認しておきましょう。

  2007年4月

内部統制監査開始まで残り12ヶ月。 さぁラストスパート !!
1月の特集
1月の特集 過去の特集は コチラ
  「情報と伝達」の再確認
1月の特集
 3月決算会社様におかれましては、内部統制監査スタートまで残り3ヶ月を切りました。
作業内容のプライオリティを十分に検討し、限られた時間を最大限有効に使って下さい。
何かお困りの点がございましたら、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

「情報と伝達」の整備・運用は進んでいますか?

 注記や引当金、未払金といった偶発債務や負債の網羅性や資産評価に関係する情報が「もれなく」「迅速」「正確」に経営者や経理部門、開示担当部門まで伝達される体制は構築されていますでしょうか?
現場はその情報を知っていたけれども、会計処理や注記に反映されていなかったために財務諸表監査の中で修正を求められたケースが実際にはかなり多く生じており、またその金額的または質的な影響が大きい場合には社会問題まで発展したような場合もあります。
販売プロセスや購買プロセスなど基幹プロセスについて必要な情報とその伝達経路を整備するだけではなく、決算・財務報告プロセスに関する必要な情報とその伝達経路の整備も同時に行っておくことが必要となります。
 「情報と伝達」がうまく行かない場合の原因として例えば以下のようなものが考えられます。
(1) 報告すべき情報であるということに現場が気づかなかった(非意図的)。
(2) 報告することを現場が忘れていた(非意図的)。
(3) 報告することを現場が隠していた(意図的)。
(4) 経理や開示担当部門は報告を受けたが、会計処理や注記の対象となることに気づかなかった(非意図的)。
(5) 経理や開示担当部門は報告を受けたが、会計処理や注記を行うことを忘れていた(非意図的)。
(6) 経理や開示担当部門は報告を受けたが、会計処理や注記を隠蔽した(意図的)。

「どのようなリスク情報」について、「どこ(上司、会議体)」に対し報告させるかの「ルール」を決めておかなければなりません。「知らなかった(非意図的)」を防ぐためにも、どんな情報がどの現場でいち早くキャッチできるのかを調査しておくことも必要です。

また、意図的に隠蔽された場合(担当者と上司による共謀など)には、その効果には一定の限界があるものの通報制度や内部監査・監査役監査などのモニタリングにて発見するしかありませんので、その具体的な方法論についても検討することになります。
そして何よりも予防するために、普段より、企業倫理や不正に対する研修を行うことで社内の適切な統制環境を整えていくことが重要であると思われます。

.