Deprecated: Function session_register() is deprecated in /home/internal-control/public_html/kako_toku.php on line 4

Deprecated: Function session_register() is deprecated in /home/internal-control/public_html/kako_toku.php on line 5

Deprecated: Function session_register() is deprecated in /home/internal-control/public_html/kako_toku.php on line 6
過去の特集 - [LANDMARK for J-SOX]
過去の特集
  2009年3月
やりすぎJ-SOXの終焉。そして2年目に向けて。

  2008年9月

職務分掌に関する代替統制

  2008年8月

「慣れ」と「思い込み」がこわいAfter 1ST J-SOX

  2008年6月

決算・財務報告プロセスがやはり最大の難関?

  2008年1月

「情報と伝達」の再確認

  2007年12月

今一度、虚偽記載リスクに関する根本的な考え方を整理してみましょう。

  2007年11月

評価対象とならなかった業務プロセスに関する落とし穴

  2007年10月

作業量を減らす(2)

  2007年9月

作業量を減らす(1)

  2007年8月

決算・財務報告プロセスは大丈夫ですか?

  2007年7月

アクセス管理(IT)について考える。

  2007年6月

原価計算プロセスをどう考えるか?

  2007年5月

基本的な隠ぺい事例を通じて、資産流用と職務分掌との関係を再確認しておきましょう。

  2007年4月

内部統制監査開始まで残り12ヶ月。 さぁラストスパート !!
12月の特集
12月の特集 過去の特集は コチラ
  今一度、虚偽記載リスクに関する根本的な考え方を整理してみましょう。
■利益の算定方法について
12月の特集
 利益は、収益−費用で一般的に算定しますが、前期と当期の純資産の差額でも算定できます。資産もしくは負債を変動させれば利益は変わります。 したがって、資産・負債(および資本金や資本準備金など)の残高をしっかりと押さえることが出来れば、その結果算定される利益も正しいことになります。 そのため、会計監査では資産と負債の残高を押さえる、いわゆる期末監査が中心となっています。

■アサーションの意味の理解

 資産について、
(1)本当に存在し(実在性)
(2)その価値は正しく(評価の妥当性)
(3)簿外資産はなく(網羅性)
(4)会社がその権利を正当に有しており(権利と義務の帰属)
(5)正しい会計処理に準拠して期間配分が適切に行われた結果を示しており(期間配分の適切性)
(6)適切な科目名で表示されていれば(表示の妥当性)
資産残高について押さえることが出来ます。

同様に負債についても
(1)本当に存在し(実在性)
(2)その価値は正しく(評価の妥当性)
(3)簿外負債はなく(網羅性)
(4)会社に義務が帰属しており(権利と義務の帰属)
(5)正しい会計処理に準拠して期間配分が適切に行われた結果を示しており(期間配分の適切性)
(6)適切な科目名で表示されていれば(表示の妥当性) 負債残高についても押さえることが出来ます。

以上の各ポイントが「アサーション」です。これらにより資産・負債を押さえることが出来れば、結果として利益を押さえることが出来ます。

■資産・負債の過大・過小計上という観点で考える
 資産のみを増やす、もしくは負債のみを減らせば、純資産が増加するため、利益が増加します。逆に資産のみを減らす、もしくは負債のみを増やせば、純資産が減少するため、利益は減少します。架空利益の計上は、このうち前者のケースに該当します。

例えば売掛金を過大計上するにはどうような方法があるでしょうか?
・売上入力時に金額を水増しする。
・同一の売上を2回計上する。
・全く存在しない売上を計上する。
・翌期の出荷を当期末の出荷として売上入力する。
・売上を自動計算するシステムに不適切なプログラムを混入する。
・値引や割戻処理を行わない。
その他にも様々な方法がありますが、ここではこれ程度にしておきます。
では、売上入力時に金額を水増しできないようにするにはどのような仕組みを設ければよいのでしょうか(予防的統制)、また売上入力時に金額が水増しされた場合に、どのような仕組みがあれば発見できるでしょうか(発見的統制)。
同一の売上を複数回計上できないようにするにはどのような仕組みを設ければよいのでしょうか(予防的統制)などと予防的統制、発見的統制の両方の観点からあれこれ考えてみることが大事です。
その他、在庫を過大(過小)計上するにはどのような方法がありますか?
未払金を過小(過大)計上するにはどのような方法がありますか?

このように様々な科目についてあれこれと考え、その虚偽記載を防止または発見するための内部統制が確かに存在していることをウォークスルーなどで確かめ、また適切に運用されていることをテストで確かめることをJ-SOXは求めています。
「〜のような場合はどのように発見または防止できますか?」と具体的に監査人から聞かれたときに、「・・・のタイミングで○○○で実施される×××の内部統制で発見できますし、その統制が実際に運用されていることを確かめています。○○という文書にその結果をまとめています。」などと回答できればOK。できなければ「不備」に該当します。その影響が大きければ「重要な欠陥」です。

J-SOXでは、虚偽記載リスクというものを資産・負債の過大・過小計上という観点で考えみればわかりやすいと思います。収益や費用の過大・過小計上の観点から考えると、どうしても全てが利益に大きな影響を与えるような気がしてしまいます。資産・負債の差額である純資産の差額で利益を出すという観点から、残高をどのように押さえていくか考えてみて下さい。これがこれまでの財務諸表監査と同様、J-SOXに対する監査人のアプローチであると考えてよいでしょう。

.