Deprecated: Function session_register() is deprecated in /home/internal-control/public_html/kako_toku.php on line 4

Deprecated: Function session_register() is deprecated in /home/internal-control/public_html/kako_toku.php on line 5

Deprecated: Function session_register() is deprecated in /home/internal-control/public_html/kako_toku.php on line 6
過去の特集 - [LANDMARK for J-SOX]
過去の特集
  2009年3月
やりすぎJ-SOXの終焉。そして2年目に向けて。

  2008年9月

職務分掌に関する代替統制

  2008年8月

「慣れ」と「思い込み」がこわいAfter 1ST J-SOX

  2008年6月

決算・財務報告プロセスがやはり最大の難関?

  2008年1月

「情報と伝達」の再確認

  2007年12月

今一度、虚偽記載リスクに関する根本的な考え方を整理してみましょう。

  2007年11月

評価対象とならなかった業務プロセスに関する落とし穴

  2007年10月

作業量を減らす(2)

  2007年9月

作業量を減らす(1)

  2007年8月

決算・財務報告プロセスは大丈夫ですか?

  2007年7月

アクセス管理(IT)について考える。

  2007年6月

原価計算プロセスをどう考えるか?

  2007年5月

基本的な隠ぺい事例を通じて、資産流用と職務分掌との関係を再確認しておきましょう。

  2007年4月

内部統制監査開始まで残り12ヶ月。 さぁラストスパート !!
特集
3月の特集 過去の特集は コチラ
  やりすぎJ-SOXの終焉。そして2年目に向けて。
3月の特集
“J-SOX狂想曲” が残したものは何でしょうか?

“やりすぎ事例集” の発行が不可欠


 “J-SOX狂想曲” が残したものは何でしょうか?
 US-SOXをそのまま移行した会社、勇気を出してリスクを絞り込むことが出来なかった会社、運悪くリスク愛好家の監査人にあたってしまった会社などからは、ブーイングの嵐が吹き荒れています。その一方で、プロセスを可視化でき、逆に業務の効率化を行うことが出来た会社や役員、従業員の数字に対する意識が強まったという会社などは、J-SOXプロジェクトを有意義なものとして評価しているようです。ただし、2年目以降についてはその負担を極力抑えたいというのが両者の共通した考えですね。
 このように賛否両論のJ-SOXは、間もなく1年目の“評価日”を迎え、J-SOXそのものもまた評価されることになります。
 “やりすぎ事例集”の発行が不可欠
 過剰なキーコントロールや業務スピードを遅らせる予防的統制、過剰なまでのIT恐怖症など色々と2年目以降改善できる余地はあると思います。これらの課題の多くはリスク愛好家の監査人の指導によってもたらされたものかもしれません。
 今回のJ-SOXで監査人の「リスク評価」に対する力量の差が明らかになりました。リスクに対してバランス感覚に非常に優れた監査人もいましたし、明らかに実戦不足の「机上の空論系」監査人もいました。ただし、その監査人を論破できなかった会社サイドにも課題は残ったのかもしれませんね。
 とにかくもう、やりすぎJ-SOXは終焉を迎えました。2年目以降は改めて、会社と監査人がゼロベースでキーコントロールや評価範囲、評価手法の見直しを行い、効率的に評価および監査を行う方法を模索しない限り、J-SOXは景気低迷から何とか抜け出そうとしている会社の足かせになることでしょう。
 「とりあえず好き勝手にそれぞれがやってみた1年目」の反省を行うためには、監査および指導の方法が適切であったか監査法人内部でレビューを行い、その結果を受け、金融庁から追加の「Q&A(やりすぎ事例集)」を出すことが不可欠ですね。
 

.